フォーエバーエコ 環境にも体にもやさしいエコ食器&キッチン用品
Plastic free & Eco-friendly Tableware for Your Family

シリコン:ユニークな特性とその幅広い用途

シリコンとは?

シリコン(Silicon)は、地球上で酸素の次に多く存在する原子番号14の元素、ケイ素(Si)を意味します。

シリコン製品などと一括して呼ばれるシリコンは、実はシリコーン(Silicone)と呼ばれる合成樹脂のことで、ケイ素であるシリコンを原料に酸素、炭素、水素などを使った化学反応から人工的に作り出された有機化合物です。

*以下、分かりやすくするためにシリコーン樹脂もシリコンと表記します。

オイル、レジン、液化ゴム、ゴムなどの性状があり、日用品から医薬品、化粧品の原料として、またエレクトロニクス製品から自動車、輸送機、建築、繊維などあらゆる分野で活用されており、今やシリコンは現在社会の発展を支える不可欠な素材とまで言えるようになりました。

特に近年では、シリコン製の調理器具やキッチン用品をよく見かけるようになりましたが、シリコンが金属やプラスチック、ゴムや木の素材には持ち得ないさまざまな特性を持っているためです。

シリコンの特性とは?

多くのシリコン製品がカラフルな色を持っていることはみなさんもよくご存じだと思いますが、元々シリコンは透明色であるため、多彩に着色できるという特長があります。

ただ、シリコンがさまざまな用途に利用されるのは、他にもたくさんの優れた特性を持ち合わせているからです。 以下、食品グレードのシリコンの便利な特長を挙げてみましょう。

非毒性

食品グレードのシリコンは、充填剤や副産物を一切含まないため毒性が低く、食品に触れても安全です。

高度に不活性なのでほとんどの化学物質に対して性質が変わることはなく、接触した食べ物や飲み物に対しても反応しません。また化学反応を起こさないため有毒な匂いを発することもありません。

表面は無孔質(子穴が開いていないもの)である上、水をはじく高い撥水性があるので、木製の製品と違ってカビや細菌の増殖を抑制してくれます。

また、生体適合性つまり拒絶反応を起さない性質があるのでアレルギー反応も少なく、赤ちゃん用品にも適しています。

温度安定性(耐熱性、耐寒性)

シリコンは-100℃から最高で250℃という非常に幅広い温度において安定しており、高温もしくは低温の環境下でも変化することがありません。そのため、冷凍庫やオーブンでも使用が可能です。

シリコン製の調理器具が便利なのは、誤って熱いフライパンやお鍋に触れたり、高温の油に漬かったりしてもプラスチックのように溶ける心配がないことが理由の一つに挙げられます。

非粘着性 & 防汚性

ほとんどの素材にくっつかず、表面に接触したものがはがれやすい特性を持っています。そのため、頑固なこびりつきに悩まされることがなく、簡単に洗うだけで汚れが落ちます。

この非粘着性から、シリコンはケーキやマフィンなどの焼き菓子の型やゼリー、チョコレートといった冷製スイーツの型にも適しているともいえます。

優れた柔軟性

シリコンはエラストマーと呼ばれる非常に大きな弾性をもつゴムのような素材です。

とても柔軟で柔らかいことから、フライ返しのようなへら状の調理器具でもノンスティック素材のフライパンやお鍋を傷つけることなく安心して使えるのが特徴です。カーブにもぴったりフィットしやすいのでケーキの生地やクリームをボールからすくい取るのも簡単です。

環境にやさしい

軽いにもかかわらず、どんな環境下においても耐久性があるシリコンはとても長持ちします。
何度使ってもダメージを受けにくく良い質を保ち、摩耗もしにくい上、誤って硬い床に落としたとしても欠けたり割れたりする心配がありません。

プラスチックなどの素材と比べて捨てられる頻度が極端に減少するので、間違いなく環境にやさしい素材と言えるでしょう。

もしもシリコンにダメージが出たとしても、好きな大きさにカットすれば、鍋敷きや鍋つかみ、オーブンミトンや瓶蓋オープナーとして再利用することも可能です。
リサイクル業者に頼めばリサイクルすることもできます。

シリコン製品を使うのは良いアイデア?

シリコンには生分解性はありません。つまり、土や川などの自然に排出されてもそれが微生物によって分解され、自然環境に戻ることはありません。

しかし、食品グレードのシリコン製品がとても丈夫で安定していることを考えれば、それを使用することは良い選択肢だと言えるのではないでしょうか。

大切に使ってあげればさらに長持ちするので、プラスチックへの依存量を減らすことができ、埋め立て地や海に溜まるゴミの量を劇的に減らすことが出来ます。

使用するからには愛情を持って大事に、それが傷んで使えなくなっても想像力を働かせて自分なりにリサイクル、再利用することで、あなたも環境保全に貢献することができるのです。